妊婦の食事の仕方について医師からアドバイス【病院のセレクト】

新着情報

食生活が変わる

妊娠すると食生活が変化していきます。お腹に赤ちゃんがいるのですから、これは当然といえるでしょう。しかし、今までとっていたものでもとってはいけないといわれることもあるので、医師からしっかりと指導を受けた上で生活をしていきましょう。

妊婦が気をつけるべき食事

食中毒の対策

妊娠中は様々な菌に感染しやすいので、当然のことですが、肉類はしっかり火を通して食べるようにしましょう。加工食品のスモークサーモンやチーズなどは加熱が甘い場合もあるのでなるべく加熱してから摂取すると良いでしょう。

魚に注意

魚は様々な栄養が豊富に含まれている食材なので、どんな人でも積極的に摂取すべきですが、妊婦は食べ過ぎに注意しましょう。なぜなら魚には微量ながら水銀が含まれている可能性があるからです。魚だけを毎日大量に摂取すると胎児に悪影響を与える可能性があるので注意が必要です。

ヨウ素

海藻類は、カロリーも少ないため、妊娠中の料理に使う人も多いでしょう。ですが、海藻類にはヨウ素が多く含まれており、多くとりすぎると赤ちゃんに対して甲状腺機能の低下など重大な疾患を引き起こすことがあります。

ヒ素

ひじきなどの食物が多く含む成分がヒ素となっており、このヒ素をとりすぎたことで被害をもたらした事件もあるほどです。一回にとる量は乾燥ひじき5グラム以下で、それが週に二回以下が限界量なので、気をつけるべきです。

ビタミンA

ビタミンといえば、体に必要な成分かと思われがちですが、ビタミンAに関しては妊娠中にとりすぎると赤ちゃんの形成異常に繋がるといわれているので注意です。摂取推奨量はレバーで週に一本程度で充分です。

体外受精率を高める方法ランキング

no.1

しっかり寝ること

人が寝ている間に分泌されるホルモンのことを睡眠ホルモンと言います。このホルモンは細胞を修復する効果があり、卵子の質を高める働きがあるので良質な睡眠が体外受精率を高めるために1番大切なのです。

no.2

温かい状態をキープする

冷え性で悩んでいる女性は体外受精の確率が低い場合が多いです。これを改善するためには体温を高め冷えを避けることが大切です。お風呂ではしっかり湯船に使って、あまり体を冷やさないように注意しましょう。

no.3

適度に運動する

体外受精率を高めるためには適度な運動をする必要があります。そうすることによって卵子の老化を防げ、妊娠する確率を上げることができるのです。毎日じゃなくても良いので適度に運動し汗をかく習慣を身に付けましょう。

no.4

血行が悪くならないよう注意する

受精率を高めるために4番目に大切なことがビタミンが豊富に含まれている食べ物を積極的に摂取することです。そうすることによって精子や卵子の酸化を防ぐことができます。ビタミンが豊富な食材と言えば、野菜や果物類が有名です。

no.5

血行が悪くならないよう注意する

血流が悪くなると精子が弱ってしまうので、なるべく血流が悪くならないようデスクワークをしている人は適度に席を立つ習慣を身に着けましょう。またノートパソコンを膝の上で使うことも熱によって精子を弱らせてしまう原因になるので注意が必要です。

[PR]

妊活成功には葉酸サプリが欠かせない☆優良商品をピックアップ☆
体外受精を大阪でしてみませんか?
電話から予約ができる。妊婦の食事が足りないならココ。
栄養満点な健康食品が人気★

妊娠出産で頼れる病院

カウンセリング

色んな形式がある

妊娠した際に、あるいは妊娠をしたいと思っているときに必要になるのが産婦人科への通院です。今では大阪に不妊治療専門の鍼灸院もあったり、体外受精で評判の良い病院があったりしますので、自分に合った病院を選ぶと良いでしょう。ところで、産婦人科の形式にはいろいろあります。総合病院や産婦人科病院などですが、総合病院でなら高齢出産や疾患を持っている人でも対応できるような施設があるので安心です。

個人のクリニックも魅力的

大学病院も総合病院と同じく、高度な医療を受けることができます。しかし、教育機関なので研修医の研修に協力することもあることを覚えておきましょう。また、病床数が20未満のクリニックでも適切な検査や治療が受けられるようになっています。新しい出産スタイルなどを提案しているところもありますので、注目です。食事に気を使ったクリニックもあるのです。このように、産婦人科だけでもいろんな情報が存在するため、色んな情報を調べてみましょう。

[PR]

広告募集中